資金計画と諸費用

1.資金計画

■支払い可能な、月々返済額、ボーナス時返済額のご希望をお聞きした上で、ご希望の支払いで額で購入可能な不動産の価格をご提示します。

■ご年収や、他の借入等の有無などをお伺いし、借入限度額をご提示します。

2.購入時に掛かる諸費用

■不動産購入にかかる諸費用 (不動産購入に必要な諸費用は物件価格の8%前後が目安です。)

■住宅を購入するときには、住宅の購入価格のほかに各種の諸費用が必要になります。

■諸費用とは、税金や手数料などのことで、通常、自己資金として現金でご用意しておく費用のことですが、この諸費用を住宅ローンの借入額に含める事も可能です。

つまり、物件価格+諸費用をまるまる住宅ローンとして借入する事もできます。

  売買契約時の印紙代  売買価格によって異なります。(1万円または3万円が一番多い)
  当社規定の仲介手数料  売買価格の3%+6万円×消費税
 融資関係費用 印紙代

    融資の種類、借入期間・借入金額によって異なります。

 事務手数料
 保証料
 火災保険料

 登記関係費用

(所有権移転、抵当権設定など)

 登録免許税

  行政庁が定める評価額や、融資利用時の借入金額などにより

  決定されます。

 司法書士報酬
 固定資産税等清算金    売主様支払済または支払予定のものを日割清算します。
 管理費等清算金(マンションの場合) 

 

上記費用の他に、引越し費用や家具・家電などがあります。中古住宅購入の場合は、リフォーム費用など。

※不動産購入にかかる諸費用・税金の詳細は担当者にお問い合わせ下さい。

3.いつ、どのような費用がかかるか?

売買契約締結から引越しまでの各場面で、下記のような費用が必要になります。

  • STEP1
    【売買契約締結】●手付金(売買価格の5%~10%程度)●印紙代(売買契約書に貼付)●仲介手数料の半金
  • STEP2
    【住宅ローン契約】●金銭消費貸借契約時の収入印紙
  • STEP3
    【残金決済、引渡し】●残代金(売買価格から手付金などを差し引いた金額)●登記関係費用●固定資産税等清算金 ●管理費等清算金 ●融資関係費用 ●仲介手数料の残金
  • STEP4
    【リフォーム費用】
  • STEP5
    【不動産取得税】(中古住宅の場合)

購入動機と希望条件

自分達のライフスタイルに合う家を探そう!

不動産のご購入は一生のうちで数少ない出来事です。

失敗しないためにご希望やご条件を整理してみましょう。

①なぜ、今ご購入をお考えですか?

◆手狭なため広い家に住みたい

◆そろそろ賃貸を出て持ち家を購入したい

◆子どもの入学のタイミングまでに購入したい

◆親から資金援助が受けられるので思い切って購入したい

etc・・

➁どのエリアに住みたいですか?

◆〇〇駅の徒歩圏に住みたい

◆〇〇市、〇〇区に住みたい

etc・・

③どんな住まいを購入したいですか?

◆便利なマンションに住みたい

◆環境の良い一戸建に住みたい

◆安心できる中古住宅に住みたい

◆〇LDK以上の家に住みたい

etc・・

④ご希望条件はどのようなものですか?

◆駅から徒歩〇〇分以内

◆近くに商業施設がある

◆日当たり良い南向き

◆静かな住環境

◆駐車場が確保されている

◆駅まで坂道がない

◆諸費用も含めて〇〇〇〇万円まで

◆月々の支払いが〇〇万円以内

etc・・

住宅購入にかかわる疑問、ご不明点、希望条件など、どんな小さな事でも遠慮なくお気軽にご相談ください。