住宅ローンの審査に通らない、個人情報に心配な事がある。その原因を調べてみよう! | 栄区、戸塚区周辺の不動産をお探しなら株式会社イン・ホームズにお任せ下さい。

栄区・戸塚区エリアの住宅購入・売却は株式会社イン・ホームズへ。

営業時間9:30~20:00定休日毎週火曜日・水曜日 GW,夏季,年末年始

住宅ローンの審査に通らない、個人情報に心配な事がある。その原因を調べてみよう!

住宅ローンの審査に通らない、個人情報に心配な事がある。その原因を調べてみよう!

住宅ローンを申込む際、金融機関はその人の個人信用情報を、3つの個人信用情報機関に開示請求して審査を行いますが、収入、勤続年数、勤務先等などに問題が無くても、個人信用情報に重大な問題があればゼロ回答(否認)となってしまいます。

個人情報では、現在だけでなく過去の借入履歴やクレジット情報も丸裸に見られますので、昔にクレジットカードで買い物をしたときや、携帯電話料金の返済遅延、または延滞をした事があるという方は要注意です。

たまたま残高不足、返済口座を間違えた、うっかりしていた、というケースもあるかと思いますが、その事が事故履歴として個人信用情報に記録されていたら一発アウトです。

ではその事故履歴はいつ頃までの内容が記録として残るかというと、過去5年と言われています。

5年以上昔の事であれば大丈夫だろうと言われていますが、心配だと思う方、心当たりがある方、直近でもキャッシングや遅延をしてしまったという方は、住宅ローン審査の前に自分で個人信用情報の開示請求をして金融機関より先に確認する事が可能です。

もし、何かしらの事故履歴が記録されていたら、その事について金融機関に説明をした上で審査に臨む方が良いでしょう。内容によっては、情状酌量ではないですが、もしかしたら一発アウトを防げる可能性があるかも知れません。

ただし、自分で情報開示するのは心配な事があるからどうしても確認しておきたいなどの場合で、1回だけにしておきましょう。

なぜなら、情報開示を請求したこと自体も信用情報機関に記録されるからです。

それが金融機関に提供されるかは不明ですが、短期間に何度も情報開示請求していると、金融機関や保証会社によけいな詮索をさせてしまい「疑わしい場合は否認する」という結果になり、やぶへびになるかも知れません。

●金融機関が開示請求している機関は下記3つ

自分で個人信用情報機関に開示請求してみよう!

JICC

CIC

全国銀行個人信用情報センター

自分で個人情報の開示請求をする場合は、まずは「CIC」でやってみましょう!

 

☆**…★…‥**☆◆☆**‥…★…**☆

~大切なお住まいの売買は、安心安全なお取引を~

住宅ローンに強い株式会社イン・ホームズ TEL:045-392-5750 お問合せフォーム

当社公式LINEでは、匿名・無料、1:1トーク、グループトーク、画像の送受信も対応!

メールよりLINEという方は、友だち追加してご活用下さい!

☆**…★…‥**☆◆☆**‥…★…**☆

投稿日:2022/01/21   投稿者:飯野直人
2022/05/25 13:41更新

★SUUMOなどの不動産検索サイト掲載物件の

販売図面、住所枝番などお気軽にお問合せ下さい。