住宅ローン 団体信用生命保険 | 栄区、戸塚区、泉区、港南区、大船周辺の不動産をお探しなら株式会社イン・ホームズにお任せ下さい。

栄区・戸塚区・港南区・泉区エリアの住宅購入・売却は株式会社イン・ホームズへ。

営業時間9:30~20:30定休日毎週火曜日・水曜日 GW,夏季,年末年始

社長ブログ

物件紹介、不動産コラム、地域情報の発信
住宅ローン 団体信用生命保険

団体信用生命保険(団信)とは、万が一住宅ローンの返済中に死亡または高度障害を負った場合に、残りのローンが保険から支払われる住宅ローン専用の生命保険です。略して「団信」と言われています。住宅ローンを利用する場合は必ず加入しますが、保険料の負担は銀行側が負担してくれる大変ありがたい保障制度です。

この団信に加入できなければ住宅ローンの利用は不可となりますが、誰でも加入できるというものでもありません。

詳細は省略しますが、医師の治療や投薬、入院や手術、現在治療中なのか、経過観察中なのか、などなど様々な告知事項があります。

内容によっては、加入不可となり銀行での住宅ローンが利用できなくなるので、その場合は団信の加入義務が無いフラット35で検討する事になります。

先日、住宅購入のお客様で高血圧症の投薬治療中により団信に加入できるかどうか不安を持たれていたので、そこで、住宅ローンの事前審査の段階で「一般団信」と「ワイド団信」の両方で審査も行いました。

結果は一般団信で無事に承認!投薬の種類や用量、直近の血圧数値などで審査され一般団信に加入可と判断されましたので、安心してご契約に進める事となりました。

ちなみに「ワイド団信」とは、健康上の理由で従来の一般団信に加入できないお客さま向けに、引受基準が緩和されたものです。
従来の団信より加入しやすくなっており、例えば、高血圧症、糖尿病、肝機能障害等などの理由で、従来の団信に加入できなかった人でも加入できる可能性があるとされています。

当社では、住宅ローンの承認実績、知識、経験が豊富にあります。

ネット銀行、フラット35などもご相談下さい。

投稿日:2020/07/12   投稿者:飯野直人
総物件数296
2020/11/26 21:18更新