木造戸建ての耐用年数ってどれくらい? | 栄区、戸塚区、泉区、港南区、大船周辺の不動産をお探しなら株式会社イン・ホームズにお任せ下さい。

栄区・戸塚区・港南区・泉区エリアの住宅購入・売却は株式会社イン・ホームズへ。

営業時間9:30~21:00定休日毎週火曜日・水曜日 GW,夏季,年末年始

社長ブログ

物件紹介、不動産コラム、地域情報の発信
木造戸建ての耐用年数ってどれくらい?

時々、お客様からも聞くのですが、「木造の家って、20年くらいが寿命なんでしょ?」なんて聞いたことがないでしょうか。

実は、この「20年」は、木造住宅の税務上の法定耐用年数22年からきているものなんですよ。

これは税務処理で減価償却の計算に使われるもので、建物の寿命とは関係ないので、寿命が20年くらいというのはまったくの誤解なんです。

実際に22年を超えても快適に暮らせている家はたくさんあるし、特に近年は、建物の性能が上がっているので、住宅の寿命は延びています。

実際の建物の寿命は環境やメンテナンスによるので、何年もつ、ということは一概にはいえません。

この法定耐用年数は建物だけでなく、工業用機械や、パソコンなどさまざまなものに設定されていて、法定耐用年数が過ぎると税務上の資産価値がゼロになるという仕組みなんです。

「車の場合、オイル交換したり、タイヤ交換、洗車やワックスがけなどしませんか?

住宅も年数が経てば少しずつ劣化していくし、なにもせずにいれば痛んできます。

外壁や屋根の塗装、目地のコーキング補修や、雨どいが詰まらないよう時々掃除をしたりして法定耐用年数と関係なく、快適に暮らせ、長く住める家にしてほしいですね。

ちなみに、マンションなどのRC造(鉄筋コンクリート造)の耐用年数は47年と設定されています。

投稿日:2020/02/25   投稿者:飯野直人
総物件数350
2020/09/24 13:29更新