マイホーム計画で最初の重要な作業は? | 栄区、戸塚区、泉区、港南区、大船周辺の不動産をお探しなら株式会社イン・ホームズにお任せ下さい。

栄区・戸塚区・港南区・泉区エリアの住宅購入・売却は株式会社イン・ホームズへ。

営業時間9:30~21:00定休日毎週火曜日・水曜日 GW,夏季,年末年始

社長ブログ

物件紹介、不動産コラム、地域情報の発信
マイホーム計画で最初の重要な作業は?

まれにですが、銀行の事前審査の申込を拒んだり、抵抗を感じる方がいらっしゃいますが、住宅購入資金の一部でも金融機関から借入するなら「事前審査」をしておくのはとても大事な事で、物件探しを始めたなら銀行の事前審査をあらかじめやっておく事をおすすめします。

いざ、気に入った物件が見つかった時、購入申込をする時、売主側に自分はローンは大丈夫と言えるか?がとても重要な鍵となります。

自信があるなら良いですが、例えば、勤続が浅かったり、他に借入があるとか、自分の年収で届くのか?など…少しでも不安要素があるような場合は、事前審査は必須ですね。

事前審査で承認されていれば、契約へ向けてスムーズに事が運び、相手方である売主に対しては、「自分はローンの事前審査で承認されているのでご安心ください」というメッセージにもなり、お互い安心です。

過去に、事前審査をやって承認された場合であっても、期間があいていたり、審査する銀行も同じとは限らないし、物件も借入金額も変わっている場合もあるので、よほど最近の審査結果でない限りは改めて事前審査を行うべきと銀行さんも言っています。

一番危険なのは、すぐ回答が出てくるようなネット上での事前審査でOKだったり、〝以前、銀行に聞いたら口頭だったが大丈夫だと言われた″など…このように特に証明する物も無く根拠性が弱いのに過信してる状態で契約を進めてしまう事です。(それを鵜呑みにして契約を勧めてくる不動産会社はもっと問題ですが。)

売買契約の解除条項には、万が一、本審査でローンが否認された場合、白紙解約できる旨の「ローン特約」が付いてますが、そうならないように契約前に事前審査ができるのだから、自分は大丈夫だからやらなくていいと考えるのではなく、「大丈夫だ」って思うならこそ事前審査をして承認通知というエビデンスを手にしておくべきでしょう。

投稿日:2019/12/09   投稿者:飯野直人
総物件数353
2020/09/26 19:38更新