住宅ローン控除の特例とは? | 栄区、戸塚区、泉区、港南区、大船周辺の不動産をお探しなら株式会社イン・ホームズにお任せ下さい。

栄区・戸塚区・港南区・泉区エリアの住宅購入・売却は株式会社イン・ホームズへ。

営業時間9:30~21:00定休日毎週火曜日・水曜日 GW,夏季,年末年始

社長ブログ

物件紹介、不動産コラム、地域情報の発信
住宅ローン控除の特例とは?

「新築戸建を購入するか、既存の中古戸建を購入するかで検討中のお客様から、「住宅ローン控除の特例」はどちらを購入しても受けられますか?」という質問がありました。

 

この特例は、個人が住宅を取得し、令和元年10月1日~令和2年12月31日までの間に居住した場合に受けられるもので、減税期間が従来の10年間から13年に3年間延長されるとてもありがたい特例です。

ただし、物件価格に消費税率10%を支払って取得した場合に限りますので、新築マンションや新築の建売住宅、売主が業者の中古住宅(リフォーム物件など)を購入する場合に「住宅ローン控除の特例」の適用が受けられます。

しかし、売主が一般個人の既存住宅を購入する場合は、消費税等を支払わないので、結果として「住宅ローン控除の特例」の適用は受けられませんので注意が必要です。

マイホーム探しする際いは、この「住宅ローン控除の特例」を受けられるか受けられないのかも大事なポイントになりそうですね。

 

投稿日:2019/11/26   投稿者:飯野直人
総物件数270
2020/10/29 16:28更新