将来マンションスラム化の問題 | 栄区、戸塚区、泉区、港南区、大船周辺の不動産をお探しなら株式会社イン・ホームズにお任せ下さい。

栄区・戸塚区・港南区・泉区エリアの住宅購入・売却は株式会社イン・ホームズへ。

営業時間9:30~21:00定休日毎週火曜日・水曜日 GW,夏季,年末年始

社長ブログ

物件紹介、不動産コラム、地域情報の発信
将来マンションスラム化の問題

マンションは、所有している限り修繕積立金を支払う義務がありますが、これは所有者全員でマンションを維持・修繕していこうというお金です。

築年数や総戸数、設備仕様により金額は様々ですが、平均的に月額12,000円~15,000円でしょうか。

新築時が一番低く設定されており、おしゃれな装飾品や豪華できれいな外観に惹かれますが、年数の経過と比例して管理費・修繕積立金は値上がりするのみです。

古いマンションでは月額5万円というマンションもあります。

もう一つ忘れてはいけないのが、管理費。

修繕積立金とは別にこれも月額支払う義務があります。

これも修繕積立金と同様、築年数や総戸数、設備仕様により金額は様々様々ですが、平均的に月額10,000円でしょう。

その他にも駐車場代や、CATV利用料、インターネット利用料など掛かるケースが多く、合計すると少なくとも月額3万円は掛かります。単純計算で毎年36万円、10年で360万の出費ですね。

戸建は維持管理を自分でする必要はありますが、毎年こんなに出費することは無いし、15年経過で屋根や外壁塗装をしたとしても150万円~200万円程度です。

戸建の場合、土地は残りますし、ローンさえ完済すれば毎年の固定資産税の支払だけなので、住むところだけはしっかり確保できそうですね。

マンションで恐ろしいのは、ローン完済後も高額な管理費・修繕積立金等の支払が生きている限り続く事です。

既に、これらを捻出できない滞納者の増加、満足な修繕が出来ない、結果老朽化が早まりスラム化が始まっているマンションが実は全国にたくさんあり、今後も増加すると言われています。

近年、高齢者の賃料滞納、自己破産、孤独死、ゴミ屋敷化なども問題になっていますが、無関係とは言えません。

そのしわ寄せは、滞納せずにきちんと支払っている所有者さんの負担となり、高齢者になってから手放したり、最悪、滞納者の仲間入りという事例が現実に起こっています。

マンションはあくまでも「共同住宅」ですから自分一人の力ではどうすることもできません。

マンションの購入を考えている方は、古くなる前に売却するか、定年退職後の年金生活になった時の事も考えて購入検討した方が良いでしょう。

 

投稿日:2019/08/24   投稿者:飯野直人
総物件数353
2020/09/26 19:38更新