住宅ローン控除手続き | 栄区、戸塚区、泉区、港南区、大船周辺の不動産をお探しなら株式会社イン・ホームズにお任せ下さい。

栄区・戸塚区・港南区・泉区エリアの住宅購入・売却は株式会社イン・ホームズへ。

営業時間9:30~21:00定休日毎週火曜日・水曜日 GW,夏季,年末年始

社長ブログ

物件紹介、不動産コラム、地域情報の発信
住宅ローン控除手続き

確定申告の時期が近づいて来ましたね。

今年は、2/18~3/15までの期間です。

住宅ローン控除とは、正式には「住宅借入金等特別控除」と言いますが、 昨年中に住宅ローンを借りて住宅を購入し、かつ住民票が移っている場合、この申告手続きを最初にする事で、10年間にわたり、住宅ローン残高の1%に相当する金額の税金(所得税、住民税)が戻ってくるありがたい制度なので、必ず手続きしましょう。

給与所得者(会社員)の場合、2年目からは会社の年末調整の際に書類の添付でOK。

手続きは、管轄の税務署で行います。

ちなみに、戸塚・栄・泉は「戸塚税務署」、港南区は、「横浜南税務署」です。

用意する書類は主に6つ

確定申告書(A) ■(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書 ■マイナンバーカードまたはマイナンバーが記載されている住民票、免許証等 ■土地建物の登記事項証明書 ■不動産売買契約書 ■源泉徴収票

長期優良住宅や認定低炭素住宅は、その証明書や通知書なども必要で、以下の事にもご注意下さい。

確定申告書にある「認定住宅新築等特別税額控除」の「認定住宅」とは、「認定長期優良住宅」と「認定低炭素住宅」のことですが、それ以外の通常の建物の場合の住宅ローン控除の申告をする時は、この「認定住宅新築等特別税額控除」ではなく、「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除」の方を選択してください。

参考ページ⇒会社員が住宅ローン控除を受けるための「はじめての確定申告」

投稿日:2019/01/27   投稿者:飯野直人
総物件数270
2020/10/29 16:28更新