新築マンション建設ラッシュの闇 | 栄区、戸塚区、泉区、港南区、大船周辺の不動産をお探しなら株式会社イン・ホームズにお任せ下さい。

栄区・戸塚区・港南区・泉区エリアの住宅購入・売却は株式会社イン・ホームズへ。

営業時間9:30~21:00定休日毎週火曜日・水曜日 GW,夏季,年末年始

社長ブログ

物件紹介、不動産コラム、地域情報の発信
新築マンション建設ラッシュの闇

人口減少と高齢化社会に突入し、全国的に空家の増加、地方の過疎化、賃貸住宅の空室激増によるオーナーの破綻など、様々な問題が表面化してきています。

当社のあるエリア内ですら相続した古家付き土地を処分する案件も年々増えて、10年前に比べても若い世代が新築戸建を取得しやすくなったことで「戸建は高いからマンション」という時代は終わりました。また駅から遠かった戸建に暮らしていたご年配の方や、お子さん達が独立した中高年の方が、駅徒歩10分圏内位のリーズナブルな中古マンションに住替えるケースも増加しています。

そんな中、時代に逆行して相変わらず新築マンションの建設が止まらない。

マンションはあくまで“共同住宅”なので、当然建物全体の維持・修繕・管理は、所有者全員で行っていかなければならず、その為に毎月支払い続けていく「管理費・修繕積立金等」があります。そしてその管理費・修繕積立金等は下がっていくことはありません。

マンションの怖いところは、新築時はどうにか完売しても、数年後には空室だらけ、管理費・修繕積立金等を滞納する人の増加、結果として維持修繕が十分に出来ずに、管理体制が内部崩壊し建物の老朽化が加速することです。また隣接住戸からの騒音やマンション内での孤独死や自殺、ゴミ屋敷部屋、マナーの悪い居住者問題など、マンションは赤の他人との共同住宅ですから、これらのリスクは決して他人事ではありません。

関連記事(東洋経済)→https://toyokeizai.net/articles/-/217671

たしかに新築マンションのあの魅力には惹かれます。

しかし、マンション購入なら、欠陥の発生もなく、維持修繕がされており、管理組合が良好に機能している中古マンションを検討してみる事も大事なのではと思います。

投稿日:2018/06/16   投稿者:飯野直人
総物件数270
2020/10/26 17:29更新